カードローン郵便物なしの消費者金融!自宅に書類がこない借入

MENU

郵便物なしのカードローン!

 
自宅に郵便物が届かない安心の消費者金融!
書類だけで借り入れ審査が完了する借り入れ方法!

↓郵送不要のカードローン↓
p
↑書類で在籍確認希望↑

本来であれば、会社への在籍確認の電話審査は必須なのですが、職場に電話をされると不都合な場合などは消費者金融側がきちんと考慮してくれ、別途追加で勤務先名のある健康保険証や社員証などの書類を写メで送信するだけで、電話での在籍確認をパスも可能です。

 

つまり、自宅や勤務先に郵便物なしでカードローンが可能!

〜職場への電話連絡なしでカードローンをする流れ〜
上記からWEB借り入れ申し込みを完了させる。

半ば強引ですが、空欄がどこかにできた場合は、そこに会社への電話NGとだけ記入しておくとより一層安心です。

通常は、上記で空欄に記入してもしなくても次のステップとして携帯電話に本人の借り入れ申し込み確認の連絡がきます。

そこではっきり、勤務先への電話はしないでほしい旨を伝えると、電話の代わりの代替措置を提案してくれます。

 

代替案の例として、会社員、派遣、契約社員の場合は、社員証や保険証のみでOKのケースが多いようです。

 

アルバイトやパート、自営業(個人事業主)、内職、日雇い労働の方などの場合は、収入証明書や給与明細などが必要になる場合があります。

 

たったこれだけで、ストレスになる会社への電話での在籍確認がパスできるので安心です。

プロミスがおすすめな理由♪

プロミスは消費者金融の中でも一番低金利!
即フリなので審査が早い!

初回の借り入れなら30日間無利息期間ありなので初めてのカードローンでもおすすめ!

 

クレジットカードが欲しい方はこちらもおすすめ!

 
即日発行のクレジットカード!アコムのマスターカードがオススメ!
最短でその日のうちに受け取れるクレジットカードだから、急なネットショッピングも海外旅行も対応!

↓電話連絡なしでクレジットカード↓
A
↑会社に内緒でカード↑

インターネットから申込むことで当日の契約完了も可能!さらに即日発行だからクレジットカードをその日のうちに受け取れる!

自宅や職場からでも申込みが可能なインターネット申し込みです。わざわざ店舗に出向かなくても申込みができます。スマートフォンやパソコンなど、ネット環境があればどこからでも大丈夫です。

 

審査も終わり、契約が完了したら後はカードが送られてくるのを待つだけ!なんですが、即日発行が可能な方法を選ぶなら、ここで店舗に出向くことでクレジットカードを受け取ることができるんです。

 

普通のクレジットカードを受け取る場合は、郵送で2週間近く待たないといけません。ですが、アコムのマスターカードなら店舗に行けばすぐに発行してくれますので、その日のうちにネットショッピングも可能なんです!

 

 

インターネットでの申込みだから便利!

 
パソコンやスマートフォンがあればどんな場所からでもインターネットの申込みが可能です。
わざわざ消費者金融の店舗に出向く必要はありません。

インターネットから公式のホームページにログインすれば大丈夫です。また、スマートフォンの場合は専用のアプリをインストールすればすぐにログインできます。

 

審査に必要な証明書類は画像に変換してメールで送ることですぐに消費者金融の担当者に届きます。

スマートフォンでしたら、写メをしてアプリから送ることが出来ます。免許証や保険証をスマートフォンで撮って送るだけです。審査がとてもスムーズに進みますので、即日融資も可能なんです。通常でしたら、郵送になってしまって送るのに数日かかり、そこから審査の続きが始まります。ネット申し込みならそれがないのでオススメです。

 

消費者金融の担当者とのやり取りはメールか電話になります。申込みの時に入力した携帯電話の番号に本人確認としてかかってきます。ですので、自宅に電話がかかってくることはありません。

 

申込みの段階でメールアドレスは入力していると思います。メールのやり取りは申込みから審査の途中でもとても便利なので、オススメですが、新規申し込みの方は【30日間無利息】というサービスも大変オススメです。このサービスの条件が「新規申込み」以外に、「メールアドレス登録」「WEB明細の申込み」になります。どちらもネットを利用していてとても便利なサービスなので是非申込みましょう。

 

審査に必要な免許証や保険証を写メして送る際に気をつけなければならない事があります。それは写メの映りが良くない状態で消費者金融側に送ってしまうことです。フラッシュの反射で文字が読みづらかったり、全体的にピントが合ってなくて文字も数字も読み取れなかったり、免許証を持つ親指で大事な数字が隠れていたり。そうなってしまうと、証明書類としては役に立たないので、撮り直しの連絡が来ます。審査に無駄に時間がかかってしまうので、写メを撮ったら送る前に写真の状態を確認しましょう。